動的治療

どんな装置を使っても、どんなに技術が優れていても、この生体反応はかわりません。

装置や技術によって治療期聞が大幅に短縮することはありません。一般的に歯を抜く治療で二、三年、歯を抜かない場合は一、三年の治療期間が必要です。ケースによって多少ズレはありますが、極端に短い治療、逆に長い治療は理由を医師に尋ねてみましょう。目標とする歯並びとかみ合わせ、そして口元になったら、いよいよ矯正装置を除去するときです。けれども動かした歯はまだまだ不安定な状態。そこで、動かした期間と同じだけの期間という矯正した歯の状態をとどめておく治療が必要になります。これに対しそれまで歯を動かしていた時期の治療を動的治療といいます。

矯正装置を装着する前準備

大きな力がかかる奥歯(臼歯)は、装置がはずれやすいため、一般的にバンドと呼ばれる金属のリングにブラケットをつけたものを歯にはめます。奥歯は、隣の歯とピッタリとくっついているため、矯正治療の前準備として、小さなゴムリングを数日の問、歯と歯の聞に入れて、バンドを入れる隙聞をつくります。抜歯後の歯茎の状態に問題がなければ、いよいよ治療開始です。専用の接着剤で歯にブラケットを貼りつけますが、その前に接着性を高めるために、薬剤で酸処理を行い、歯の表面に細かな凹凸をつくります。肉眼ではその部分が白く見えますが、この凹凸は治療後にしっかり歯磨きをすることで元の状態に戻りますから、心配は無用です。また、奥歯(臼歯)は、歯科用のセメントでバンドをしっかりと固定します。歯に矯正装置が けっさっせん ついたら、ワイヤーをプラケットのスロットに入れ、結繋線で固定していきます。通常三、四週間に一度通院して、ワイヤーの調節や交換を行います。この通院間隔は、 矯正力に体が反応するために必要な時間と関係があるため、通院間隔を短縮しても、必 ずしも早く治療がすすむわけではありません。矯正力を加えたときの体の反応を簡単に説明します。ワイヤーを入れると、その力がブラケットから歯に、そして歯根に伝わり、歯根膜(歯根の周囲にあるクッションの役割をする組織が変形を起こします。すると、歯槽骨から破骨細胞という細胞があらわれ、歯根膜が圧迫されている側の骨を吸収します。また、歯根膜が引っ張られたほうの歯槽骨の表面には、骨芽細胞という細胞があらわれて、新しい骨をつくります。その結果として歯は移動するのです。

矯正専門の医師

成長期で下あごが横にずれている人は、成長するにしたがって、よりズレが大きくなり、それにともなって上下歯並びのセンターのズレが大きくなっていくことがあります。この場合では、開始時の年齢が12歳で永久歯がはえ捕っていた(乳歯が混ざっている時期だと、判断も難しくなります)こと、顔の骨格の特徴が成長とともに さらにずれるタイプではなかったこと、家族に左右のズレのある人がいないことなどが十分検討されました。その結果、将来、これ以上、下あごが横方向にずれることはないと予測されました。ここまで慎重に検討してから、治療目標と治療計画をたてて、矯正を開始するのが、矯正専門の医師なのです。

歯科矯正のメリット

歯科矯正は長い時間がかかります。転居や転院の可能性もあります。「転居、転院の場合は、前払いした分の費用は返金してもらえるのでしょうか」「次の歯科医師に引き継ぐため資料を提出してもらえるのでしょうか」ということも、事前に確認しておきたい内容です。

矯正治療を行うかどうか迷っている人のために、歯科矯正のメリットをまとめておきます。

心の問題歯並びがデコボコだったり、前歯が出ていたり、かみ合わせが反対だったりすると、つい気になって、口元を押さえて話したり、笑ったりすることがあるのではないでしょうか。矯正によって、歯並びやかみ合わせがキレイになり、横から見た顔立ちや口元も美しくなります。自分に自信がもて、心を晴れやかにする効果もあります。体の問題歯並びやかみ合わせがよくなることで、①虫歯や歯周病にかかりやすくなるリスクを少なくします。②岨しゃく機能が向上し胃腸への負担を軽減します。③発音やものを飲み込むときの機能を向上させます。

矯正装置の中断

治療の進行具合にもよりますが、矯正治療においては後戻りが起こることは珍しくありません。治療の際に抜歯をしているのであれば、抜いた健康な歯、すでにかかっている費用、治療にあてた時間のことを考えると、治療を中断するのは避けたいところです。

痛みを我慢できないであるとか、矯正装置が目立つのがいやであるとかであれば、担当の歯科医にその旨を伝えるべきだと思います。また、転勤などで引越しをすることにより、通院できなくなるケースもあるでしょう。その場合は、担当の歯科医に伝えれば、引越し先の矯正歯科医院を紹介してもらえるはずです。

矯正歯科医師の間では、治療の引き継ぎがスムーズに出来るように連携していることもあります。転医の際は、顔や歯の写真や口腔内模型、X線写真が必要になると思いますので、歯科医に用意してもらうことになります。また、治療費をすでに前払いしている時は、進行の状況に応じて精算し、返金してもらいましょう。中には、返金されない歯科医院もあるようなので、治療の前の診察の段階で転居の際は費用を返してもらえるか、転居先の歯科医院を紹介してもらえるのかなどを確認しておくとよいでしょう。

歯の移動が終わって矯正装置が外れるたら、保定装置をつけることが少なくありません。歯の移動が終わった直後は、歯が不安定な状態のため保定装置でしっかりとかめるようにするのです。保定装置を使わずにいると、かみ合わせが矯正前のように戻ってしまうおそれがあります。

インターネットで歯科医探し

最近は、歯科医院のホームページを作成するのが当たり前ともいえる時代になってきました。そのため、インターネットを使って歯科医を探す人も少なくないと思います。

各歯科医院のホームページには、診療内容、受付時間、交通アクセスなどの基本情報はもちろんのこと、得意としている治療の内容や、どのような考えで診療にあたっているのかなど、その歯科医院の理念を掲載しているところもあります。こうした情報は、歯科医を選ぶ際にきっと参考になるでしょう。

ただし、ホームページの内容を鵜呑みにしてはいけません。なぜなら医療機関といっても、ホームページを作成する主な目的は宣伝だからです。ホームページに書かれていることは患者に来てもらう宣伝のために書かれているという点を意識して見たほうが良いといえます。

特に、「インプラント」「ホワイトニング」といったキーワードで検索すると、デザインに凝ったホームページがたくさんあることに気付くかと思います。そこにはさまざまな宣伝文句が並び、治療の利点を強調した言葉が並べられています。しかし、どのような治療にも必ず利点と欠点があるものです。それなのに、利点ばかりを強調するのは良心的な歯科医院とは言い難いでしょう。

反対に治療の利点だけでなく欠点や治療期間、治療費まで丁寧に説明している歯科医院は良心的といえるかもしれません。インターネットで歯科医院を探すのであれば、宣伝文句に踊らされることなく、細かいところまで内容を吟味しましょう。

歯科医療トラブル

昨今歯科医院の増加に伴い、歯科医療をめぐるトラブルは急増している。特にイン
プラント施術は、しばしば紛争・訴訟の対象となっている。全国の消費生活センター
と国民生活センターに寄せられた歯科治療を巡るトラブル相談は、 5年間で約2・ 2倍になった。
例えば、妻が子どもの矯正の相談のため歯科に行った。レントゲンと歯型を取り、 2度 目に出向いたときに 高額な金額を請求された。また、矯正歯科治療を受けているが、信用出来なくなったので止めたい。精算し返金を求めることは可能だろうか。妹が歯列矯正の治療中、顔に傷をつけられた。解約し返金して欲しいのだが、「自己都合のため解約」と念書を書くことを求められ、嬉踏している。 大学病院の歯科医師に院外治療を勧められて受診した歯科では、領収書や概算 書を要求しても出してくれなかった。相談窓口を知りたい。 高額な費用を払い前歯5本を差し歯にしたが違和感がある。納得いくまで無料でやり直してもらえるだろうか。などなどたくさんの歯科トラブルが報告されています。